「よつ葉有機」は地場と旬を大切にし、物ではなく、人(作り手)を信頼し、人(作り手)に与える有機認証です。
だからこそ、私達の農産物の安全性を保証する信頼の有機表示です。

つくり手
「よつ葉生産者憲章」を支持し、その最大限の尊重を信条として、農産物の生産に取り組んでいること。
つくり方
日本の気候・風土の中で継承されて来た各地の特色を生かした農業を基礎として、輪作の尊重、有機質肥料による土作り、全ての農薬・化学除草剤を使用しない農産物の生産を基本とする。但し、生産に致命的打撃をこうむると判断される場合のみ、全ての事実の公表を前提として、上記、基準の部分的、一時的逸脱を許容する。
圃場
最低3年以上、(2)に定めた農法による農産物の生産を継続してきた圃場を使用すること。
種子
遺伝子組換え作物の種子は使用禁止。入手が可能な限り、有機的に栽培された種子・種苗を使用すること。
環境保全
圃場に投入される有機質肥料、生産に使用される農業資材等は周辺環境を保全するという観点から、十分配慮されなければならない。


私達は「食べ物」は「生き物」という考えにたち、食べ物が生まれ育つ仮定を大切にして、より自然に、安全に、家族の食べ物をつくる心でつくり上げることをめざします。
私達はものづくりのプロとして、食べ物を育てつくり出すことに責任を持つだけでなく、その食べ物が届けられる食卓までの多くの人と人とのつながりを考え大切にします。
私達は食べ物をつくる立場から、現にある世の中のゆがみや、非人間性、反自然といった現実を変えていこうとする道をめざします。
私達は自分だけがいい物をつくろうとするのではなく、村の人々、地域の人達、同じ志を持つ仲間達と協同し、より多くの人達と共に安全な食べ物が拡がっていくことを追求します。